業者を探す

作業員

賃貸時の原状回復にかかる費用を削減するためにも、インターネットで業者を上手に探しましょう。第三者機関が運営している原状回復業者紹介サイトを活用すれば、低価格で工事をする業者を手軽に見つけられます。

詳細を確認する...

責任の所在を知る

インテリア

原状回復を行なう際に、破損や汚れの責任は借主にあるかどうかをで支払う金額が変わります。どのような劣化が借主の責任になるのかを把握して、出来るだけ出費を減るように意識しながら生活しましょう。

詳細を確認する...

トラブルを防ぐ

インテリア

賃貸を退去する際にありがちな原状回復のトラブルを避けましょう。入居の際に、部屋がどのような状態にあるかをしっかりチェックしておくことが大切です。写真を撮っておくとさらによいでしょう。

詳細を確認する...

退去の際の出費

インテリア

賃貸住宅を退去する際には、入居時と同じ状態に戻すことが求められます。入居時と同じ状態に戻すことを、原状回復といいます。原状回復を行なう際には費用がかかってしまいます。部屋の汚れをしっかりとり、ピカピカの状態にしなければいけないので、ハウスクリーニングなどを行う必要もあります。普段から掃除をしている場所はピカピカで綺麗でも、浴槽の細かい部分に発生したカビや、換気扇やキッチン周りの油汚れなどはプロのハウスクリーニング業者を利用しないと落としきることは難しいです。フローリングを濡らしてしまってカビが生えていたり、壁紙が著しく汚れてしまっているとハウスクリーニング業者では対応できません。フローリングや壁紙の張り替えなどが必要になったら、工事を行わなくてはいけません。そのような工事費用は非常に高くつく傾向にあります。退去時の原状回復で大きな出費になってしまいますので、日頃から綺麗に使うように心がけましょう。
退去時の原状回復にかかる費用を出来るだけ抑えたいのであれば、業者選びが大切です。業者は数多くあり、工事にかかる費用もバラバラです。中には相場よりも高い金額を取る業者もいます。出費を抑えるために、安い業者を探しましょう。原状回復業者を紹介している便利なサイトを活用すれば、手軽に業者を探すことができます。
原状回復の義務は借主だけに発生するわけではありません。借主に責任の無い、経年劣化や自然劣化の場合は貸主に原状回復の義務が生じます。どのような汚れや破損は借主の責任になるのかを知っておきましょう。また、原状回復に関するトラブルを避ける為にも入居時の状態をしっかり確認しておくなどの対策が必要です。